みるくくさい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. |

牛乳石鹸よい石鹸にはベルマークがついているイエスはたまたノー

こんばんわ、サンタクロースです。
昨日はたのしかったですね。巻き戻して何度も見ましたよね。
サンドイッチマンはじめてみたのになきそうになりました。
しかもいましがたびっくりしたてですが仙台なんですね。
仙商なんですね。ミーハーです。応援します。
こまかいとこがすきです。こまかい、しつこい、くどい、がだいすきですっ。
さあさあ、明石家サンタの準備をしましょう。そうしましょう。
  1. 2007/12/24(月) 23:39:54|
  2. どうでもいいこと|
  3. |
  4. コメント:0

魔太郎の名台詞がジョジョに使われている○か×か

もうすぐ年末ですぅね。
飲めるね。
きゃぴだね。
はやくはやく。
  1. 2007/12/16(日) 02:27:40|
  2. どうでもいいこと|
  3. |
  4. コメント:0

京都修行僧

一週間京都修行でした。
オヤスミの日は紅葉をみることもなくただただだらだらと遊んでもらいました。
観光であくせくしない京都は京都じゃないとも思うけどいちばん贅沢だようねと思う。
だれかとだらだらすごしたりだれかと何気なく話したりすることがどんだけ楽な過ごし方なのかとここにきて身にしみてきています。
ひとりはめちゃんこ楽だけど性格わるくなるのでバランスってやつですね。
食物繊維をとらずに過ごした一週間でしたのでこれからひとり鍋です。
どなたかご一緒にひとり鍋しましょう。横丁によ~こちょ。
  1. 2007/12/09(日) 18:34:00|
  2. どうでもいいこと|
  3. |
  4. コメント:8

しゅうまつ其の②

なごや駅前ではきらきらとページェントとかいうものが大々的に催されはじめました。
たぶんページェントって言わない。なんて言うのかしらない。
光のページェントとは違います。動物が電球巻きつけて静止しています。
きらきらの中できゃっきゃしながら彼女の背後からぎゅぎゅりと抱きしめている彼氏さんや
もう消えてしまった電気の影で会社帰りにこそこそと彼氏の膝の上に座る彼女などを眺め
台詞を考えたりすると思いのほか楽しくてたまりません。冬ってほんといい季節ですね。
  1. 2007/11/12(月) 02:38:08|
  2. どうでもいいこと|
  3. |
  4. コメント:0

しゅうまつ其の①

20071112022130.jpg

なごやには長らく親しまれているコメダ珈琲店という喫茶店があります。
歩けばコメダに行き着くというくらいのチェーン店です。
とてもダサくて珈琲はまずく名物のモーニングを提供しますがまだ体験してません。
週末はなにもすることがない上に寝坊するので本を持ってコメダへいきます。
見ての通りおじいさんやおばあさんがとてつもなく多い活気有るコメダ。
これでもかと生き生きたじいさんばあさんを見られるのはコメダしかないんじゃあないかと思います。
だから週末はコメダへ行きます。だから私はコメダを応援します。みんなコメダへ行こう。東京進出なんてやめよう。
  1. 2007/11/12(月) 02:29:16|
  2. どうでもいいこと|
  3. |
  4. コメント:2

ともだちになりたいひと

魔太郎。
シャツが派手だから。
やりきるから。
方法が多彩だから。
うらみはらさでおくべきか。
  1. 2007/11/07(水) 23:39:25|
  2. どうでもいいこと|
  3. |
  4. コメント:2

26日のための30日

どうでもいいこ考える時間が増えてくるとそれが自分では当たり前になってきましてでも日々万事は進んでいますので他との均衡がとりにくくなりますね。ゲドは面白かったと思うんですね。世のたいていのことはどうでもいいことばかりと思うに至っているところではありますが、こんなときは板尾さんに頼るしかありません。創路さんお願いします。
  1. 2007/11/04(日) 02:03:07|
  2. どうでもいいこと|
  3. |
  4. コメント:2

昼下がりにみつけました

どうも、よしもとばななです。
ラッキープレイス富士山の頂上にいける状況が何よりのラッキーだと思います。

http://u-maker.com/56580.html
  1. 2007/11/01(木) 00:25:00|
  2. どうでもいいこと|
  3. |
  4. コメント:5

かっこいいおじさん

ほんとにただのおっさんがふんわり香水つけててびっくりすんだ
ほんとただのおっさんなのにかっこいいんだわにおいが
ほんとただのハゲたおっさんがええにおいなんだわ
しつれいしまくらちよことか言うんだわたまらんのだわ
  1. 2007/10/28(日) 02:52:13|
  2. どうでもいいこと|
  3. |
  4. コメント:0

気管に入ったときの苦しみは生死の選択を迫られている恐怖

美味しい食べ物を飲み込むにはコツがあって常に気をつけなければいけなかったんだね神様ボクは食べ物に感謝しなければいけないねそうなんだねだからお願いボクを助けてという後悔と反省を、あの必要以上に響き渡る怒涛の咳をしながら考えたことのある人間の皆様、いかがお過ごしですか。

こんなとき、周囲の人間の対応は見ものでもあって、他人ではどうにも解決することができない生理的現象にも似たこの一件は、素直に心配したところでいずれ数分後に生死の狭間から舞い戻る。
その苦しみは共感できるけれども痛々しい咳の連続に多少なりとも不快感を表さずにはいれず、心配なのか不快なのか微妙な苦笑いを振りまかれ、咳をしながら他人に不快感を与えている今この自分をどうにか沈めたいと焦る。
その後、仕方ないやんけ静まるから待ってろボケ渦中にいるのは私だ、今この空間の主役は私だ貴様等は名脇役に徹しろと開き直らずにはいられなくなる。

名脇役には愛がなくてはいけない。近頃六郎ロックでも謳われている愛のことだ。
「ダイジョウブ?」「急ぐからだよ。」「あーいたいよねそれ。」「すぐおさまるって。」等の言葉を安易に発してしまうと本当はそれ程心配もなにもしていないことが直接的に伝わってしまう。
そもそも心配なんて要らない。
気管にものが入って咳をしなければならないのは言葉を発せるようになってしまった人間の代償でもあるのだから。

名脇役がするべきことは、咳がおさまった頃を見計らって平然と自分も気管に入れてみるという荒業なのではないかと近頃思う。
これは技術不足と勇気の無さからできない、したくない行為だができたらそこまでやってみるとそこには愛以上のユーモラスが生まれると思う。その咳がおさまったらまた次の誰かが、もしくは最初に生死のさまよいをした方がもう一度入れてみたりするともうそのご一行は誰にも壊せない愛に満ち満ちた人々である。たとえ他人同士であったとしてもだ。
名脇役は主役にもなる。そこに言葉はいらないと思うのだ。

言葉を発せられることで助けられていることはもちろん多くある。神様はすごい道具をつくられたものだ。
だけどたかだかほんの何十年かしか言葉をかじっていない私たちには道具の使い方は難しい。表面をすべってしまう言葉ならいっそ無いほうがましだと思ってしまう。

姫をみていてそう思う。
きゃつらはそもそも生きるために居心地の良い場所を確保し甘える。でもそこに感謝と愛があることは一緒にいれば分かる。
言葉の真意、言葉の裏をかかなければならない人間界ではそこに愛はあるのかい?と叫ばずにはいられなくなる。
やはりロックは愛ですか。愛なんですか六郎さん。
吉井さんのライブ一人で行ってもいいですか六郎さん。
  1. 2007/09/28(金) 01:48:12|
  2. どうでもいいこと|
  3. |
  4. コメント:6
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。